無添加や敏感肌用と謳っている製品を信用し過ぎないことが重要…!

乾燥肌の方は、わずかな刺激も敏感になっているのが特徴です。

基本的に乾燥肌の方はアルコールや着色料、香料などが含まれていない製品を使ったほうが良いです。

そして、アロマの成分は、お肌にとって優しいという印象を持たれがちですが、刺激が強い成分のものもあり、人によってはアレルギー症状が出ることもあるため注意する必要があります。

また、近頃流行しているオーガニックの成分や、ナチュラルコスメも配合されている成分も、乾燥肌に刺激を与えてしまったり、炎症を引き起こしてしまうことがあります。

化粧品を選ぶときにはサンプルを受け取り目に付きにくい肌の部分で試してみてから購入すると失敗を避けることができます。

使用する方の体質により、アレルギーなどといった症状を引き起こす可能性がある成分として、配合されていることを薬事法で製品に表示する義務がある成分のことを表示指定成分と呼んでいます。

表示指定成分には界面活性剤や防腐剤などたくさんの種類が定められています。

一般的には、表示指定成分が配合されていない製品が無添加や、敏感肌用などと謳って販売しているのですが、無添加と謳っているからといって刺激を与える成分が全く配合されていないという訳ではなく、表示指定成分が配合されていない製品でも乾燥肌に刺激を与えてしまうこともあります。

そのため無添加や敏感肌用と謳っている製品を信用し過ぎないことが重要になります。

化粧品を使用していて、赤らんでヒリヒリしてしまったときには化粧品を別な製品に変えるのも対処法の一つですが、刺激を受けるたびに別な製品に変えていると、どの成分が原因になっているのかが分からなくなってしまう可能性があります。

あまり刺激を強く受けていない場合は、手の体温で温めてから押さえるようにつけてみたり、何度か重ねてつけてみたり、コットンでパックをしてみたりなどという風に化粧の方法を変えてみるだけでも赤らむ症状や乾燥肌が落ち着くこともあるため、まずは化粧の方法を変えてみて、それでも症状が治まらなければ、はじめて化粧品の成分を疑うということも大切になります。

そして、お肌の状態は体調により変わるという特徴があるため、多少多い量の化粧水でお肌に水分を補った上で、乳液などを塗ってみるとお肌の状態が分かります。

乳液を塗った時点で、お肌に重さがなければ、クリームを重ねて塗っても問題ありません。

乳液を塗ったときに重さを感じたときは、肌の状態が良くないのでお化粧を重ね塗りするのは避けたほうが良いです。

乾燥肌スキンケア@化粧品・化粧水おすすめランキング

乾燥肌のおすすめのスキンケア・アイテム…化粧品・化粧水をランキングでご紹介しています!
すでにご使用の方のクチコミやレビュー、モニター調査、販売数、売れ筋情報やリピート率などから調べた結果をおすすめ度でランキングしています。

詳しくは、コチラ↓